プリント印刷なら専門業者がお勧め!!当日印刷を考えるならネット印刷のクイックプリンターへ!!

現在のプリント印刷会社は、当日印刷を考えている企業や会社も多くなっています。急に必要になったり、製作時間が無かったりする場合、当日印刷ができると助かりますよね。ここでは、ネット印刷のクイックプリンターが提供している当日印刷について色々お届けします。

チラシ・フライヤー印刷は多岐に渡り活用可能!

当日印刷

チラシやフライヤーは、商品、セールイベント、宣伝・広告等を行う際に、利用される事が多いアイテムです。活用方法としては、駅前や店舗周辺での手配り、新聞折り込み、チラシ、ポスティング配布、と言うように限定された地域の方に向けて届けられる手法が多いです。
チラシやフライヤーは、紙媒体として手元に形に残るアイテムになるので、掲載されている内容を相手にじっくり見てもらう事ができます。なので、広告主のメッセージを相手に色々と伝える事が可能な有効ツールになっています。チラシやフライヤーの印刷では、目的・用途や予算等に応じて印刷物にする紙の種類を選ぶ事ができたり、折り加工やクーポン等に有効なミシン目加工を施したり、柔軟な選択ができる点も大きな特長の一つになります。
またチラシやフライヤーと言うのは、ただ完成した印刷物を配るだけで無く、お店の店頭に設置したりDM利用したり、アイデアや工夫次第で可能性の広がる魅力的なツールになります。

ネット印刷のクイックプリンターで当日印刷可能な印刷方法は2つ!

当日印刷

オフセット印刷

オフセット印刷とは、版を使用した印刷方法です。例えば、消しゴムハンコを作る場合、まずは消しゴムに好きな絵を描いて、それをその後彫っていく事でこれが版になります。版が完成すると、インクを付けて繰り返し何度も同じ絵のスタンプを押す事ができます。印刷で使用されている版には、凸版、凹版、木版と言うように色々な種類があります。オフセット印刷は、平版と呼ばれている版が使用されています。版付着したインクは、ゴムローラーに一度転写され、その後ゴムローラーから紙などに印刷されるので、凸版や凹版のように版と紙が直接触れる事はありません。なので、版の摩耗を大幅削減する事ができ、印刷物を鮮明に仕上げることができるのです。

オンデマンド印刷

オンデマンド印刷とは、PCから原稿データを印刷機へダイレクトに送って印刷物を作成する印刷方法のことです。オフセット印刷との違いは、版がオンデマンドでは不要な点です。一般的にオフセット印刷では、原稿データから製版したものを印刷して製本します。一方、オンデマンド印刷では、原稿データからダイレクトに印刷して製本が行われ、少ない工程で仕上げることができます。そもそもオンデマンド(On demand)=要求に応じてサービス提供すると言う意味合いがあります。これは、必要なモノを必要な時に必要な数だけ印刷する事ができます。

2つの印刷方法のデータ作成について

オフセット印刷とオンデマンド印刷には色々な特徴と違いがあります。しかし、印刷方式が違うと言うだけで、入稿データ作成方法に関してはどちらも変わりません。同じデータをその時に欲しい部数分、オフセット印刷とオンデマンド印刷で使い分けたりすることも可能です。オフセット印刷とオンデマンド印刷には、それぞれに対するメリット、デメリットがあります。なので、どちらの印刷が自分の製作物に向いているのか、上手に使い分けするのがお勧めです。

ネット印刷のクイックプリンターでは当日印刷で製作可能なモノが沢山ある!

当日印刷

① 新聞折り込みチラシ

新聞折り込みチラシとは

新聞折り込みチラシは、各家庭に配達される新聞媒体に折り込まれている広告の事です。折り込みチラシを希望する場合には、地域、日程、新聞社等を自分で自由に設定する事が可能です。地域指定して配布ができるので、特定地域に向けた情報発信ができます。なので、例えば、お店のオープンに伴ってNEWオープンの告知チラシやイベント告知のチラシ等、スケジュールに合った配布の仕方が可能です。昔から新聞折り込みチラシは広告手法の一つとしてあり、ネット社会が発達した今でも、新聞折り込みチラシの地域性や特性のメリットは効果的な広告手法になっています。

新聞折り込みチラシの良さ

新聞折り込みチラシの特徴は、なんと言っても地域の方に向けて情報発信できる点にあります。実際、店舗等に来店してもらう際の宣伝は、殆どが近隣に住んでいる方が宣伝のターゲットになっています。このように、地域へ有効的に広告販促ができる点は、地域密着型の新聞折り込みにしかない販促方法です。狙った地域に折り込んで情報発信ができる効果的なツールとして、活かす事が可能となっています。また、折り込みチラシは低コストでありながら、多くの家庭へ広告を届ける事ができる良さもあります。

② 大量のチラシ・フライヤー印刷

チラシ・フライヤーとは

チラシやフライヤーは、よく大量印刷されて、大量消費されるイメージがありますよね。主なチラシの用途には、新聞の折り込み広告が挙げられますが、新聞とは別にポスティングされたり、街中で配られたりする事もあり、セール情報や定期的な告知用に活用されるケースもあります。また、チラシと混同されがちなフライヤーですが、主なフライヤーの用途は、店舗等に据え置かれていたり、顧客に手に取ってもらったり、イベント告知用に手配りされたりする事が多いです。フライヤーは、チラシに比べると広告サイズが小さく、厚手の紙が使用されており、デザイン性のある広告が特徴です。

チラシ・フライヤーの良さ

チラシのメリットは、フォントやレイアウトを工夫する事ができるので、高い宣伝効果を得られやすい点があり、ターゲットを絞ってアプローチできます。また、お得なセール情報や商品キャンペーンと言うようなプレミアム情報を宣伝したい場面に有効的です。一人でも多くの人の目に触れる機会を作って、興味を持ってもらえる告知ツールには、ビラよりもチラシの方が最適です。一方フライヤーは、キャンペーンやセールと言うように一時的な広告ではなくお店の告知等、情報に変化のない広告ツール向きです。例えば、ネイルサロンのフライヤーであれば美容室に置いたり、カラオケのフライヤーであれば飲み屋さんに置いたり、同じ系統のお客様が集まる場所に設置して宣伝・アピールする事ができます。

③ 少ロット印刷物

小ロット印刷とは

そもそもロットと言うのは、印刷枚数を数える専門用語です。近年、エコを取り入れている会社や企業が増えており、小ロット印刷の需要が増えつつあります。

小ロット印刷できる良さ

製作のコスト削減
従来の印刷方式では、一度に大量部数の印刷物を製作するとなった場合に、1000部以上の印刷が通常でした。この事によって、多くの会社や企業では大量に在庫を抱える事になるのですが、例えば、500部しか実際に使用しなかった場合、残りの500部は廃棄処分と言う無駄なコストが生じます。小ロット印刷では、必要分を印刷する事ができるので、在庫を抱える事も無く、大幅なコスト削減ができるのです。
テストマーケティングに最適
必要な部数だけを少量印刷が可能なので、小ロット印刷ではテストマーケティングにも最適です。例えば、キャンペーンのチラシ製作をする際に、A、B、Cの3パターンのチラシを製作して、一度顧客の反応を見る事ができます。そして、その中で最も顧客の反応が良かったチラシをオフセット印刷で大量印刷する事も可能です。